引っ越しそばの意味

縁起物として食べる派、調理が大変で食べない派

皆さんは引っ越しをしたときに「引っ越しそば」は食べているでしょうか。ある統計によると、「食べる派」と「食べない派」の割合は、4対6くらいで、食べない人の方がはっきりと多くなっています。

 

「食べる派」は、「縁起物なので、とりあえず食べる」、そして「食べない派」は、「引っ越し初日から鍋やざるを出して調理は大変」いう声が多いようです。しかしそもそも、なぜ引っ越したらそばを食べるのでしょう? その意味を考えていきましょう。

 

引っ越しそば

 

引っ越しそばの起源については、そば粉メーカーの日殻製粉のホームページに紹介されていました。

 

引っ越しそばの習慣が始まったのは、江戸時代の中期。
当時、町人の間では、引っ越しをした際に新居の向かい三軒両隣(両隣の2軒と、向かい側のお宅3軒の、計5軒)の方々に、挨拶として配り物をする習慣がありました。来は、縁起物ということで、小豆入りの餅や粥を振舞っていたのですが、たかだか引っ越しの挨拶に小豆餅は大げさだし、お金もかかるということで、もっと安価なそばをふるまうように変わっていったのだとか。

 

ということは、引っ越しそばはもともと、自分たちで食べるものではなくて、近所の方たちに挨拶としてごちそうしたり、贈ったりするものなんですね。引っ越しの挨拶に、近所にタオルなどの粗品を贈る方は多いと思いますが、あれが本来の「引っ越しそば」ということですね。

 

「引っ越し初日にそば」という形に変化したのは、おそらく年越しそばを縁起物として食べる習慣とまじっていったためではないでしょうか。

 

そばが好まれたのには、値段が安いということだけでなく、「そば」と「側」をかけて「おそばに末長く」とか、そばの形から「細く長いお付き合いをお願いします」という意味も引っ掛けてあるからだそうです。こういう洒落が昔の人は好きですね。

 

というわけで、引っ越しそばは「食べるもの」ではなくて「贈るもの」なのです。
……でも、主婦の方にとっては、やっぱり「引っ越しそば=引っ越し初日の食事」ということにしておいた方が、便利だと思います。だって、いろいろ片づけをしたあとで晩ごはんのしたくはたいへんですから、「今日は引っ越しだから、そばにするよ」と言って、カップメンで済ませるという荒業が使えますものね!

 

 

縁起物としてのそばのいろいろ

引っ越しのときだけでなく、そばはいろいろな行事のときに食べられていました。
一部を紹介しましょう。

 

・晦日そば
江戸時代、主に商家では、毎月の月末(晦日)にみんなでそばを食べる習慣がありました。月末は集金などで忙しくなるため、その労をねぎらう、ということだったようです。
この習慣が大晦日にだけ残ったのが、「年越しそば」、という説もあります。

 

・縁切りそば
年越しそばの異称です。旧年の災厄を切り捨てて、新しい年を迎えるという縁起物です。年切りそばとも。
そばは切れやすいため、「縁切り」とかけてできた名称のようです。

 

・勘定そば
これも年越しそばですが、残った借金と早く切れてよい年を迎えることができますように、という願をかけたものです。
「借銭切り」という言い方もあるとか。
由来は上記と同じで、そばが切れやすいことから。
この場合は、そばは残さず食べるのがルールなのだそうです。

 

・棟上げそば
古くから、棟上げのときには、酒などと一緒に大工さんにそばをふるまう習慣がありました。建前そばとも。

 

・縁結びそば
結婚が決まったあと、女性の実家から男性の家にそばを送る習慣です。引っ越しそばと同様、縁が細く長く続く続くことを願った縁起物です。「結納蕎麦」ともいいます。

 

・節分そば
節分は季節の移り変わりの境目にあたるため、清めのそばを食べ、身を清めて立春を迎える、という意味があります。

 

・雛そば
江戸時代には、雛祭りが終わると、人形にそばをお供えしてからしまう習慣がありました。のちにはひし餅のように3色や5色のそばもお供えされたようです。