お墓の引っ越し

お墓の引っ越しはどんな手続きが必要?

手続きさえすればお墓を引っ越しさせることは可能です。

 

たとえば、実家に住んでいるのは自分ひとり。引っ越しと一緒に生活の拠点をすべて新しい住所に移してしまうつもりなので、管理しやすいようにお墓も一緒に引っ越しさせたい……、こういうケースは多いと思います。

 

墓地は、寺院が境内に設営しているものと、公営または民営の霊園と、大きく二つのタイプがあります。引っ越しする場合は、どのタイプの墓地に移動するかで手続きがじゃっかん異なってきます。

 

お寺

 

寺院の墓地に移動

寺院のお墓は基本的に檀家に墓地スペースを貸している、という扱いです。そのため、寺院の墓地を利用するときは、その寺院のと「壇信徒契約」というものを結んで檀家にならなければなりません。

 

もしもそれまで檀家だった寺院と宗派が違っていたら(曹洞宗と法華宗など)、改宗の手続きも必要です。

 

手続きの話ではありませんが、長年檀家だったお寺から墓地を移す場合、住職と感情的な軋轢が生じてしまうケースがしばしばあるようです。いきなり言い出さずに、遠地に引っ越してお墓参りが難しくなるので、など、相談という形で前もって話しておくとよいと思います。

公営・民営の霊園へ移動

公営・民営の霊園の販売は、抽選で行われる場合がほとんどです。希望者が多いためですが、応募→抽選→当選→購入→引っ越し、という流れになりますから、かなり気長な引っ越しになりますね。

 

公営・民営は壇信徒契約の必要がなく、また宗派も問わないところが多いので、改宗の必要もありません。

具体的な手続き

引っ越し先が決まったら、それまで使用していた墓地の管理者から「受入証明書」または「墓地使用承諾証」を発行してもらいます。同時に、今住んでいる地域の役所から「改葬許可申請書」をもらい、それを受入証明書と一緒に窓口に提出して「改葬許可証」を出してもらいます。

 

墓地を返却するときは更地にするのが基本ですから、住職にお墓の「魂抜き」の儀式をしてもらい、お骨を取り出して墓石を撤去します。墓石は新調してもいいですが、古い墓石を移動してそのまま使用することもできるようです。

 

新しい墓地に墓石を設置したら、住職が開眼供養を行い、遺骨を戻します。

 

 

お墓の引っ越しに適した日はあるの?

六曜の中では、仏滅、赤口がよいでしょう。
仏滅は、「何事も遠慮するべき日、ただし仏事はよろしい」、赤口は「万事に用いない悪日、ただし法事はよろしい」とされています。

 

十二直では仏事に適した日、というのはなく、避けるべき日が決められています。避けた方がよいとされているのは「開」で、「葬式など不浄事は凶」とあります。その日は避けましょう。

 

ただ、確かにお坊さんに来てもらって魂抜きなどを行いますが、お墓の引っ越しは「法事」や「不浄事」ではないから、お日柄は気にしなくてもよいと考える方も多いです。

 

たとえば家族の中に年配の方がいて、縁起を気にするというのであれば、仏滅や赤口を選ぶとよいでしょう。そうでないならば、お寺やこちらの都合のよい日を優先してかまわないと思います。